【夏季限定】ホテルビュッフェ&スイーツバイキングのご案内

2017年07月03日(月)
南海タイムス(6月30日発行・第3680号)にも、掲載させていただきましたが、
リードパークリゾート八丈島で楽しむ「ホテルディナービュッフェ」のご案内です。

ホテルビュッフェ


ホテル内のメインダイニング「タルタルーガ(イタリア語でウミガメ)」は、
窓から太平洋を見渡すことができる、全120席のレストラン。

八丈島の名物「島寿司」をはじめ、地元の食材を使ったお料理や、手作りスイーツが並ぶ夏季だけの限定ディナー。


ぜひ、八丈島に住んでる方も、久しぶりに帰ってきたご家族や、お友達、
お仕事仲間での食事会にもぜひご利用ください。
20名さま以上でのご予約なら、個室もご用意できます。


リードパークリゾートマップ

ご不明点やご質問ございましたらいつでもお問合わせください。
まずはお電話お待ちしております。
 
リードパークリゾート八丈島(TEL:04996-2-7701)

2017年夏休み期間・底土海水浴場への送迎バスのご案内

2017年07月01日(土)
DSC_2807.jpg

いつもホテルリード・アズーロ、姉妹館リードパークリゾート八丈島を
ご利用いただきありがとうございます。

今年も、夏休み期間のホテルから海水浴場までの送迎バスのご案内です。
側面にリードホテルのロゴが入ったバスをご利用くださいませ。




送迎_海水浴場

【期間】7月15日(土)~8月31日(木)まで
※1日1往復となります。

【行き】
10時30分発 リードパークリゾート八丈島
10時35分発 ホテルリードアズーロ

【順路】
底土海水浴場⇒八丈島空港⇒八丈植物公園⇒八丈島観光協会⇒歴史民俗資料館


【帰り】
16時00分発 底土海水浴場 ⇒ ホテルリードアズーロ ⇒ リードパークリゾート八丈島





その他にも飛行機と船の離発着時間に合わせて、ホテル⇔港間の無料送迎は通年で行っております。


◆ホテルリード・アズーロの宿泊予約はこちらからどうぞ。
◆リードパークリゾート八丈島の宿泊予約はこちらからどうぞ。


皆様のご来島をこころよりお待ちしております!
ご不明点やご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。

ホテルリード・アズーロ(TEL:04996-2-3121) 
リードパークリゾート八丈島(TEL:04996-2-7701)

八丈ブルーの海水浴場を一部ご紹介します!

2017年06月29日(木)
いつもホテルリード・アズーロ、姉妹館リードパークリゾート八丈島を
ご利用いただきありがとうございます。

もう夏の予定はお決まりになりましたか?
夏の八丈島と言えば、「海水浴」ですよね。

とてもきれいな海に囲まれた八丈島。
黒潮がもたらす濃い藍色のその海は「八丈ブルー」と呼ばれ、太陽の光でキラキラ光り輝きます。

そんな八丈ブルーのたくさんある海水浴場から一部をご紹介したいと思います。


sokodo.jpg

まず一番ポピュラーな海水浴場が、
「底土海水浴場(そこどかいすいよくじょう)」です。

底土港の隣、八丈島では数少ない砂浜の海水浴場。

ホテルからの送迎バスがあるので、アクセスもしやすく、
浅瀬もあるので小さなお子さんでも安心して楽しむことができます。

ダイビングポイントとしても人気なので、もしかすると・・ウミガメと一緒に泳げるかもしれません。
また、今年も期間限定の海の家がオープンすることになったので、楽しみがまたひとつ増えますね。

近くにはキャンプやバーベキューも出来る、底土野営場もあります。
(※キャンプ・バーベキューをする場合は事前に八丈島観光協会へ要連絡)

底土海水浴場施設

▲外の施設

底土船客待合所

▲近隣にある船客待合所 施設




次は八重根港 にある
「旧八重根海水浴場(きゅうやえねかいすいよくじょう)」です。

DSC_2758.jpg

八丈小島が見え、八重根港のすぐそばで、コンクリートで整備されており、足場は比較的安全ですが、
底土と比べると岩がごつごつとしているので小さなお子様は気を付けてくださいね。


八重根船客待合所

▲八重根船客待合所 施設


また、近くには観光スポットのひとつ・・・

DSC_2673.jpg

宇喜多秀家と豪姫の像や、夕日で人気のスポット 「南原千畳敷」があります。




坂上、樫立地区には、千両(蕎麦屋さん)の向かいの道から入っていくと・・・

DSC_2731.jpg

「乙千代ヶ浜(おっちょがはま)海水浴場」
が、あります。

DSC_2733.jpg

岩場に囲まれた、外海から少しだけ隔離されている海水浴場で、
岩の間から小さなお魚が紛れ込んできたりします。

DSC_2740.jpg

プールも併設されており、子供にも人気の海水浴場です。

乙千代海水浴場


※すべての更衣室において、ロッカーはございません。貴重品・衣類等の管理は各自でお願いいたします。




最後に、海に入る際の注意事項ですが、
その日その日で、波や風が強く危険だと判断した場合には、各海水浴場には地元の方が旗を立ててくれています。

旗がないのは、遊んでも大丈夫という印なのですが、旗が立ってるときには注意しましょう。

【赤旗】=遊泳禁止
【黄旗】=遊泳注意(海況の変化に十分気をつけてください)

遊泳状況は、八丈島観光協会のTwitterにて確認がとれます。
八丈島観光協会Twitter




ホテルには、海水浴に合わせてこちらもレンタルしております。
ご入用の際は、各ホテルフロントまでお声がけください。

IMG_7439.jpg

・浮き輪…500円
・シュノーケルセット…850円
・クーラーボックス…200円~
・バスタオル…200円
・レンタサイクル…1,000円~

※数には限りがございます。あらかじめご了承くださいませ。



ご紹介したのはごく一部の海水浴場で、他にもたくさんの海スポットがあります。

海びらきは7月1日(土曜日)!!
本格的に夏限定のさまざまなサービスが島で開始されるのは7月15日(土曜日)から!!


今年の夏は、お気に入りの水着を着て、八丈ブルーの海を満喫しませんか。



◆ホテルリード・アズーロの宿泊予約はこちらからどうぞ。
◆リードパークリゾート八丈島の宿泊予約はこちらからどうぞ。



皆様のご来島をこころよりお待ちしております!
ご不明点やご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。

ホテルリード・アズーロ(TEL:04996-2-3121) 
リードパークリゾート八丈島(TEL:04996-2-7701)

たこうなじゃがいもまつり

2017年06月28日(水)
IMG_0022.jpg

6月18日(日曜日)
たこうなじゃがいもまつりが、中之郷地区にある「えこあぐりまーと」で開催されました。

さて、「たおうな」ですが、
これは八丈島で採れる、小さな“たけのこ”のことです。
じゃがいもも、今の時期にちょうど収穫できる旬の食材になります。


島はあいにくの大雨だったのですが、地元の方や観光客で賑わっていましたよ。

入り口で、たけのこ無料券が配られており、奥に進むと外でちょうど焼いているところでした。

DSC_2929.jpg

地元の方に無料券と引き換えに、たこうなを受け取り
「マヨネーズと醤油があるから、中に入って食べってってー」と渡されます。


たこうな。さて、どうやって食べるかというと・・・
今回は皮付きのまま炭火で焼いていますが、煮物にしても美味しいです。

DSC_2914.jpg

まずはまわりの皮を剥いていきます。

DSC_2926.jpg

すると、きれいなツルツルしたたこうなになります。

DSC_2927.jpg

そして、下の根に近い箇所を折ります。

DSC_2928.jpg

最後に、お醤油とマヨネーズをつけて食べます。
炭で焼いているので、中はホクホクとしていて、通常のたけのこよりは柔らかい触感です。

DSC_2920.jpg

また、手作りの「宇喜多秀家雑炊」も有料で用意されていました。

麦雑炊とは昔から八丈島で食べられている
麦やしただみ、里芋など島の野菜が入ったお味噌の味付けで、島ではお馴染みの郷土料理なんです。

食べるお家や飲食店、作る人の好みによっても味が違うので違いを楽しむのもいいですね。


DSC_2917.jpg

採れたてのじゃがいももサービスでどうぞ。


たこうな と じゃがいも 両方を楽しめましたね。
島の〝美味しい〟は他にもたくさんあるんですよ。

今日の旅の一番の“お気に入りグルメ”を見つけるのも、観光の楽しみのひとつですね。

服部屋敷で「樫立踊り」と「八丈太鼓」を見学できます。

2017年06月25日(日)
DSC_3011.jpg

江戸時代、お船預りを務めていた服部家の屋敷跡。

「お船預り」とは、米に代わる年貢として黄八丈を納めるための御用船の船頭のことで、
島では代官に次いで重要な役目だったという。


屋敷の当時の建物自体は残っていないが、高台まで登って作られた玉石垣の通用門や
樹齢700年ともいわれる見事なソテツもここに来る醍醐味です。

そんな歴史感じる服部屋敷で行われているのが「樫立踊り」と「八丈太鼓」。

DSC_3013.jpg

踊りと太鼓が見学できるのは、午前10時より。
入口に受付があり、そこで観覧料(大人350円/子供200円)をお支払いします。



DSC_3014.jpg

DSC_3017.jpg

奥のステージで観覧できるのですが、


DSC_3016.jpg

その手前のスペースには、黄八丈で作られた小物の販売や、

DSC_3033.jpg

歴史や文化ある貴重な数々の品が見学できます。


DSC_3041.jpg

▲樫立踊り(かしたておどり)
「樫立踊り」は、江戸時代に流人や漂流者、江戸と八丈を往復した御用船の乗組員たちにより伝えられた各地の唄や踊りを、島人たちが八丈島ならではの盆踊りに綴り合せたものです。
※説明は文化協会HPより

DSC_3068.jpg

▲八丈太鼓(はちじょうだいこ)
太鼓の両面を二人で叩き、それぞれ「下拍子」と呼ばれるリズム打ちと「上拍子」と呼ばれる叩き手個人によるさまざまな打法でリズムを刻みます。この独特の打ち方が特徴なのが昔より変わらず受け継がれています。


DSC_3076.jpg


最後はみんなで昔から伝わる、八丈島で有名な「ショメ節」を踊ります。
知らなくても丁寧に教えてくださるので、ご安心ください。


DSC_3072.jpg

そして、全てが終わると、演じてくださっていた皆さんがステージから降りてきて
近くまで来てくださるので、一緒に記念撮影や、踊りについても聞けますよ。

地元の方との交流もできるので、服部屋敷での思い出にぜひ体験して帰ってくださいね。


事前予約、もしくは当日営業しているかの確認して行かれることをおすすめします。
入館・観覧をご希望の場合は、服部屋敷(04996-7-0231)へお問い合わせください。


※twitterにて毎日の公演予定をお知らせしています。
服部屋敷 on twitter←クリックしてご確認ください

---------------------------------------
服部屋敷(はっとりやしき)

東京都八丈島八丈町樫立2010
TEL:04996-7-0231

アクセス:町営バス「樫立出張所前」から徒歩3分
駐車場あり

樫立踊り・八丈太鼓観覧時間:10:00~
樫立踊り・八丈太鼓  観覧料:大人350円/子供200円
---------------------------------------

「八丈島ジャージーカフェ」~テレビやラジオ、雑誌でも話題のCafe~

2017年06月24日(土)
DSC_2664.jpg

いつもホテルリード・アズーロと姉妹館リードパークリゾート八丈島を
ご利用頂きましてありがとうございます。



本日は、テレビやラジオ、雑誌などでも人気の
のびのびと島で育ったジャージー牛から採れる牛乳でつくった、おいしい乳製品がお楽しみいただける
「八丈島ジャージーカフェ」をご紹介させていただきます。

IMG_9434.jpg

ジャージーカフェは、去年の10月にオープンしたばかりの新しいお店。
大きなスーパー「あさぬま」と隣接しているため、駐車場も広く、アクセスがとてもよいです。


もともと、お茶屋さんだったところを店内・外装ともにリニューアルして黒を基調としたとてもおしゃれなお店です。

DSC_2820.jpg

入り口を入ると、カウンターがあり、こちらで注文をします。

DSC_2821.jpg

店内には、4人がけのテーブル席とカウンター席。

DSC_2819.jpg

オリジナルグッズやお土産を買うことや、電動アシスト付き自転車の充電も出来ます。


IMG_9401.jpg

メニューも手書きでかわいいですね。
どれにしようか迷ったときには、その場で店員さんがおすすめを紹介してくれるので
その日の気分を伝えて相談してみてはいかがでしょう。
(※八丈島ジャージー牛はとても希少なので、牛さんの都合で商品が品切れの場合もございます)

DSC_2833.jpg

メニューも人気のなめらかなジャージープリンをはじめ、
八丈島ジャージー牛の牛乳を使った乳製品が勢ぞろいしています!!


DSC_2948.jpg

また、ここで一番人気はやっぱり・・・ジャージー牛乳を使ったソフトクームが大人気!

もちろんソフトクリームのミルク感も美味しいのですが、ジャージーカフェのソフトクリームは、
コーンがほんのり甘いワッフル生地のためパリッとした食感で、
やわらかいソフトクリームとの相性がとてもいいです。

DSC_2692.jpg

こちらは自家製マスカルポーネを使った、甘さ控えめな自家製ティラミス。
ちょっと大人の味に仕上がっています。
テイクアウト出来るようになったのも嬉しいですね。

DSC_2825.jpg

そして、ソフトクリームの乗ったゼリーもとっても人気です!
味は、左から・・・コーヒー、パッション、あしたば(週末限定)と3種類。
すべてジャージー牛乳の甘さにあうよう、また、負けないようにと、
ゼリーは少し濃いめにひとつづつ手作りして用意されています。

ドリンクも豊富に品揃えてあり、ジャージー牛乳もこちらでいただけます。
美味しさがぎゅっとつまったシンプルだけど濃厚でほんのりあまい牛乳は、
そのままでも、カフェオレにしてもとっても美味しいんですよ。


IMG_9394.jpg

ディスプレイの本も、ミルクや牛に関するものがズラリ。
お店の雰囲気をより印象的にしますね。

423.jpg

るるぶ特別編集 東京の島々にも掲載されています。
※八丈島観光協会にてご用意あります。数に限りがございますのでご了承ください。

八丈島ジャージー牛の乳製品が店内で楽しめる贅沢な時間。
アクセスもしやすい街中にあるので、島グルメではぜひ一度足を運んでみてくださいね。



▼最新情報は、ブログやTwitterでチェック!

*八丈島ジャージーカフェHP
https://www.hachijo-milk.co.jp/jerseycafe

*八丈島ジャージーカフェ twitter
https://twitter.com/jerseycafe8jo

------------------------------------------
八丈島ジャージーカフェ

東京都八丈島八丈町大賀郷2370-1
TEL:04996-2-5922
交 通:バス停:スーパーあさぬま下車すぐ
駐車場:あり
時 間:10時~18時
定休日:無休
------------------------------------------

【6月16日(金)〜7月1日(金)15:00迄】リードパークリゾート八丈島は休館致します

2017年06月16日(金)
DSC_2805.jpg

いつもホテルリード・アズーロと姉妹館リードパークリゾート八丈島を
ご利用頂きましてありがとうございます。

姉妹ホテル、リードパークリゾート八丈島では
本日6月16日(金)〜7月1日(金)15:00までの間、全館メンテナンスのため休館とさせていただきます。
(※ホテル・リードアズーロは通常通りです)


DSC_2797.jpg

休館にあわせて少しのあいだ、どうやら、亀次郎(かめじろう)もお花を背中に乗せ、
夏を先取りして少しだけ早めの夏休みをとるようですよ。


午前8時から午後6時までは係りが常住しております。(時間外は留守番電話となります)
お電話やお問い合わせは受付しておりますので
お気軽にご連絡くださいませ。

ホテルリード・アズーロ(TEL:04996-2-3121) 
リードパークリゾート八丈島(TEL:04996-2-7701)


ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
ご挨拶・ご案内  |  テーマ : 国内旅行 | ジャンル : 旅行  | コメント(0)  | トラックバック(0)