八丈島でホエールウォッチングしてみませんか

2017年12月22日(金)
いつもホテルリード・アズーロ、姉妹館リードパークリゾート八丈島
ご利用いただきありがとうございます。

八丈島ではここ数年冬になると近海にクジラがやってくるようになりました。
そして今年は黒潮大蛇行の影響か、藍ヶ江港で目撃情報が多数寄せられています。

藍ヶ江港の少し上にある「足湯きらめき」は、足湯に入りながらクジラを見ることができます。

3C3A0752.jpg

無料の足湯からは太平洋の絶景を眺めることができます。

3C3A0758.jpg

足湯に浸かりながらクジラを探せる八丈島ならではだと思います。

3C3A0759.jpg

今年は11月中旬頃から目撃情報があります。
例年5月頃まで観察できますので、ぜひ八丈島へお越しください。

3C3A2263.jpg

親子クジラの潮吹き(ブロー)も見えることもございます。

3C3A2399.jpg

お天気の良い日は青ヶ島も見えています。

3C3A0751.jpg

・営業時間:午前11時~午後9時

・定休日:無休

・効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、
    うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、
    疲労回復、健康増進、きりきず、火傷、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病



◆ホテルリード・アズーロの宿泊予約はこちらからどうぞ。
◆リードパークリゾート八丈島の宿泊予約はこちらからどうぞ。

皆様のご来島をこころよりお待ちしております!
ご不明点やご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。

ホテルリード・アズーロ(TEL:04996-2-3121) 
リードパークリゾート八丈島(TEL:04996-2-7701)
八丈島観光スポット  | tag : 八丈島  |  テーマ : 国内旅行 | ジャンル : 旅行  | コメント(0)  | トラックバック(0)

寒い日は八丈島で温泉はいかがですか。

2017年12月10日(日)
いつもホテルリード・アズーロ、姉妹館リードパークリゾート八丈島
ご利用いただきありがとうございます。

12月になり寒さも日に日に厳しくなってまいりました。
こんな日は、八丈島温泉はいかがでしょうか。

八丈島には7箇所の温泉がございます。
その中でも入浴料無料の二箇所を今回はご紹介いたします。



「裏見ヶ滝温泉(中之郷)」
3C3A6502.jpg

こちらは男女混浴で要水着となりますが、入浴料無料でお入りいただけます。
(せっけん・シャンプー等は使用不可です)

3C3A6512.jpg

・営業時間:午前9時〜午後9時

・定休日:無休

・効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、
   うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、
   疲労回復、健康増進、きりきず、火傷、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病




「洞輪沢温泉(洞輪沢)」
3C3A5198.jpg

こちらは男女別で浴槽がございます。
(せっけん・シャンプー等は使用不可です)

3C3A5207.jpg

・営業時間:午前9時〜午後9時

・定休日:月曜日

・効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、
    うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、
    疲労回復、健康増進、きりきず、火傷、慢性皮膚病

3C3A5206.jpg



ご不明な点、温泉へのご案内等ございましたらお気軽にフロントスタッフにお問い合わせください。


◆ホテルリード・アズーロの宿泊予約はこちらからどうぞ。
◆リードパークリゾート八丈島の宿泊予約はこちらからどうぞ。

皆様のご来島をこころよりお待ちしております!
ご不明点やご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。

ホテルリード・アズーロ(TEL:04996-2-3121) 
リードパークリゾート八丈島(TEL:04996-2-7701)
八丈島観光スポット  | tag : 八丈島 温泉  |  テーマ : 温泉♪ | ジャンル : 旅行  | コメント(0)  | トラックバック(0)

冬の八丈島で夜空を眺めてみませんか。

2017年12月06日(水)
いつもホテルリード・アズーロ、姉妹館リードパークリゾート八丈島を
ご利用いただきありがとうございます。

八丈島にも冬がやってきて、空気が澄み星空がより一層輝きだしております。
来週、12月13日、14日は「ふたご座流星群」の極大があり、
太平洋に囲まれたここ八丈島では満点の星空の中を流星が流れてくれるかと思います。

IMG_7105.jpg

星空をバックにリードパークリゾート八丈島と八丈富士

IMG_7099.jpg

リードパークリゾート八丈島の屋上は「星空の散歩道」の通り、満点の星を見ることができます。

3C3A1289.jpg

八丈富士と満点の星空


都会では見ることのできない無数の星たちに会いにぜひ八丈島へお越しください。

◆ホテルリード・アズーロの宿泊予約はこちらからどうぞ。
◆リードパークリゾート八丈島の宿泊予約はこちらからどうぞ。

皆様のご来島をこころよりお待ちしております!
ご不明点やご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。

ホテルリード・アズーロ(TEL:04996-2-3121) 
リードパークリゾート八丈島(TEL:04996-2-7701)

黄八丈の魅力

2017年09月28日(木)
八丈島を代表する特産品。
「黄八丈(きはちじょう)」をご存知ですか?


黄八丈1

古くから八丈島で作られている着物の反物として代々受け継がれており、
今でも一つ一つ、職人さんの手で染め、そして、織られています。

めゆ工房2

今回は染織元の「めゆ工房」さんにおじゃましました。


めゆ工房5

工房の中は、まるで昔の時代にタイムスリップ
したかのような光景が広がっています。

めゆ工房4

工房では、黄八丈を使った商品も購入可能で、
今では着物だけではなく、小物入れや定期入れなど、様々な製品が作られています。

めゆ工房3

黄八丈が出来上がるまでにはとても手間がかかるぶん、時間もかかります。
でも、その工程があるからこそ、いい色や艶、丈夫な反物へ仕上がります。

めゆ工房さんへ、電話で直接予約・相談いただければ
どうやって出来るのか、説明を受けることもできます。


黄八丈2

湯通し

黄八丈の名前の通り、黄色い鮮やかな糸で織られており、
黄色というより金色に近いですね。


手間暇をかけて、じっくりと出来上がる黄八丈。
昔のままの手法と伝統を引き継ぎ、魅力あふれる鮮やかな反物が今でも作られています。


ぜひ、一度八丈島の黄八丈の歴史のひとつに触れてみてくださいね。



画像提供:山下倫子

-----------------------------------------
めゆ工房

東京都八丈島八丈町中之郷2542
TEL:04996-7-0411
交 通:空港から車で15分/底土港から車で20分
駐車場:あり
時 間:9:00〜17:00
定休日:なし(ご来店前に必ずご連絡ください)
------------------------------------------




八丈八景を巡る旅。

2017年09月24日(日)
夏を過ぎこれから秋に向かって
過ごしやすい季節になってきますね。

そんな季節にぴったりなのが名所巡り。
八丈島に「八丈八景」という名所があるのをご存知でしょうか。
慶応2年(1866年)に選定された絶景の名所です。

いまでは八景の内、当時の面影を残す場所は
数ヶ所になってしまいました。

しかしながら、今でも絶景の名所として
多くの方が訪れる場所でもあります。

「大阪夕照」
大阪トンネル

こちらは一番有名な絶景スポット。
八丈島を代表する景色と言っても過言ではありません。
夕日や夜景を見る事もできる場所です。


「神湊帰帆」
kaminato.jpg

昔は八丈島の玄関口として多くの船が就航した港です。
この写真は「火立て場」という場所からの写真で、
当時はここで煙を上げ入船に合図を送っていたそうです。

kaminato1.jpg

火立て場の後ろを振り向くと、何とも歴史を感じる地層が見える丘もあります。



「藍ヶ江落雁」
藍ヶ江

ここは中之郷地域にある港。
大自然のダイナミックな景色が楽しめます。

足湯から

無料で入れる足湯もあり、ここからの景色も綺麗ですね。


「名古秋月」
名古の展望入り口

名古の展望からは海が一望でき、夜になると星空も綺麗に見れたり
初日の出をここから見る方も多いそうです。

nago1.jpg

現在は島内唯一、サーフィンができる洞輪沢一帯の海が一望できます。

名古の展望台

展望台へ続く道もいい雰囲気です。


八丈八景はゆっくりと見たい景色ばかりですね。
この島には、まだまだ沢山の絶景がありますので、
みなさんもぜひ探してみてください☆

一休みしたい時にはココがおすすめ

2017年09月22日(金)
八丈島の中之郷地区には、地熱発電所があって、
その地熱を使って様々な珍しい植物を育てている「えこ・あぐりまーと」があります。

あぐりまーと

見たことのない植物がたくさんあり
ハウスの中で育てているので
雨の日でもゆっくり見学ができるのもうれしいですね。

ジャングル

まるで小さなジャングルを探検している気分になります。

赤い花

こんなお花見た事ありますか?

ピンクの花

初めて見る植物ばかりで、興味をそそられますよね。

ハートの花

この植物はよーく見ると
「ハート」の形をした花が咲いています。

可愛くてついつい写真を撮ってしまいますよね。

IMG_0255.jpg

ここでは植物の販売もしていて
お部屋のインテリアとしても良さそうな観葉植物もたくさんあります。


IMG_0258.jpg

ハウスの隣には、広いカフェが併設されていて
ゆっくり休憩もできます。

IMG_0260.jpg

八丈島名産のパッションや明日葉などを使った
ドリンクや、今からの時期はお汁粉なんかも良いですね☆

ちょっと一息したい時にとてもおすすめです。
ぜひお立ち寄りください。


------------------------------------------
えこ・あぐりまーと

東京都八丈島八丈町中之郷3201−2
TEL:04996-7-1808
交 通:空港から車で約19分/底土港から車で約24分
駐車場:あり
時 間:10:00〜16:00
定休日:無休
------------------------------------------

八丈島歴史民俗資料館

2017年08月31日(木)
DSC_2855.jpg

八丈島の大賀郷地区に、雨が降っても行ける観光スポットとして
「八丈島歴史民俗資料館」があります。


もともとは、東京都八丈支庁庁舎だった建物を資料館として使い、
現在は国の登録有形文化財に指定されています。

館内には、島内各地域の民家に散在していた歴史民俗資料が収集され
町民はもとより八丈島を訪れるたくさんの人へ後世に伝えていくため
地元の人の手によって、大切に保存しています。



DSC_2866.jpg

館内はとても広く、八丈島の自然、文化財、民俗資料、自然、流人など
全部で9つの部屋に分かれて展示されています。


DSC_2858.jpg

八丈島の自然と文化財から始まり、
島の模型もあって、各地区や島全体像がわかりやすいです。


DSC_2880.jpg

宇喜多秀家公をはじめとする、流人の歴史を紹介する部屋は2部屋あり、
とてもわかりやすく興味深いです。

DSC_2893.jpg

実際に使われてきた民具も農業、漁業、織物など、たくさん保管されています。


DSC_2903.jpg

こちらは、昔、八丈支庁だった頃。
ここから出入りしていた旧エントランスです。

この地面には、サンゴがちりばめられており、降りて近くでご覧いただくことができます。


DSC_2905.jpg


そして最後の出口には、島特有の高温多湿とネズミの害を防ぐため、
床を1メートル以上高くし、柱が床に接する部分には、ネズミ返しの板が備え付けられている
四脚倉と六脚倉 高倉(六脚倉は都指定有形文化財) の二棟を展示しています。


ご希望があれば、地元の方が一緒に説明しながらまわってくださるので
より楽しみたい方は受付時にお声がけくださいね。


DSC_2859.jpg

皆様は、どうしてこの島が「八丈島」と呼ばれるようになったのか・・・気になりませんか?
まずは島のことを知って、それから島内をぐるっと観光するのも
また違った発見や見え方があってより楽しくなりますよ。


おじゃりやれ、八丈島!!!

------------------------------------------
八丈島歴史民族資料館

東京都八丈島八丈町大賀郷1186
TEL:04996-2-3105

料 金:大人360円/子供170円/島民無料
交 通:空港から車で約8分/底土港から車で約13分
駐車場:あり
時 間:9:00〜16:30
定休日:無休
------------------------------------------