八丈島郷土料理の梁山泊(りょうざんぱく)に行ってきました!

2011年12月22日(木)
いつも八丈島ホテルリード・アズーロをご利用頂きましてありがとうございます。

本日は八丈島郷土料理の梁山泊(りょうざんぱく)をご紹介いたします。このお店は間違いなく八丈島で
一番有名な飲食店です。地元の郷土料理と新鮮な魚介類、八丈島や(隣の)青ヶ島の島焼酎を豊富に
取り揃えています。ここに来れば八丈島の料理や食材を一通り味わうことができるので、当ホテルでは
島外出身のスタッフが入ると、研修がてら、このお店で歓迎会を開催するのが習わしになっております。
以下その豊富なメニューの一部をご紹介いたします。

梁山泊明日葉くさや166 梁山泊明日葉ビール166 梁山泊かぶつ166
(左)この日のお通しは明日葉とくさやのマヨネーズ和えでした。(中)名物の明日葉ビール(580円)は
是非試してみてください。(右)豊富に取り揃えた島焼酎には、この時期かぶつ(島だいだい)を搾って
飲むのがお勧めです。

梁山泊島豆腐サラダ166 梁山泊刺盛166 梁山泊ブド166
(左)島豆腐サラダ(790円)には地元で作った豆腐を使っています。八丈島は水が良いので、美味しい
豆腐を作ることができます。(中)地魚の刺身盛り合わせ(1,570円)。(右)ブド(680円)とは海藻の煮
こごりの中に白身魚を入れた八丈島の郷土料理です。

梁山泊にょげいも166 梁山泊島たくわん166 梁山泊飛魚さつま揚げ166
(左)にようげいも(850円)とは里芋のことです。熱々に茹でた芋の皮を剥いて酒盗(鰹の内臓の塩辛)を
つけて食べます。(中)八丈産干し大根を使い、酸味の効いた昔風の味付が特徴の島たくわん(380円)。
(右)飛魚サツマ揚げ(540円)

梁山泊ウミガメの煮込み166 梁山泊くさや166 梁山泊岩のり166
(左)亀の体の色々な部分を味噌汁風に煮込んだ青海亀の煮込み(960円)なんかもあります。(中)これ
は好みの分かれるところですが、はまると絶対に美味しいムロアジくさや(860円)。(右)岩のり焼きは
(840円)は島唐辛子を入れたマヨネーズとの相性が抜群です。

梁山泊明日葉とカンモの天ぷら166 梁山泊島寿司166 梁山泊アイス166
(左)明日葉とかんも(サツマイモ)天ぷら盛り合わせ(880円)。(中)島寿司(1,500円)は当日14時迄の
予約が必要です。(右)八丈牛乳の地卵のアイス(400円)、明日葉アイス(400円)、パッションフルーツ
シャーベット(500円)。この3種はどれも本当に美味しいので、食後のデザートに是非お試しください。

梁山泊外観250 梁山泊内観250
梁山泊は三根地区護神(ごしん)の交差点のすぐそばです。当ホテルからは車で約5分、タクシーでは
片道約1,000円の距離です。店内は席数も多く個室もございます(詳しくはお店のHPを見てください)。
カウンター席は一人旅のお客様がよく利用しています。人気店ですので事前のご予約を忘れずに。

【店舗情報】
〒100-1511東京都八丈島八丈町三根1672
TEL:04996-2-0631 FAX:04996-2-4087
営業時間:17:00~23:00(ラストオーダー22:00)
★梁山泊のHPはこちらからどうぞ
定休日:日曜日(夏季・連休は基本的に営業)
営業日・営業時間は予告なく変更になることもごいますので、ご来店前にお電話で確認して下さい

★ホテルリード・アズーロの宿泊予約はこちらからどうぞ

支配人 歌川真哉

Cafe&Gallery空間舎(くうかんしゃ)に行ってきました!~おすすめ島カフェ~

2011年12月15日(木)
いつも八丈島ホテルリード・アズーロをご利用いただきましてありがとうございます。

本日は誰もが認める島内一番人気の島カフェ空間舎(くうかんしゃ)を紹介したします。空間舎は島の
西側、南原千畳敷海岸近くの静かな森の中にあります。

空間舎明日葉チーズケーキ500
八丈島特産の明日葉を使った名物の自家製明日葉チーズケーキ。これは本当に美味しいです。体験
教室でこのケーキを作るコースもあるので興味のある方は是非トライしてみてください。

空間舎ケーキセット250 空間舎メニュー250
左のケーキセットは600円です。ほかにも上品で可愛らしいメニューが沢山あります。

空間舎内観①250 空間舎内観③250
内装はオーナーご夫妻によるほぼ手作りです。店内は趣味のよい自家製の調度品やアンティークの
家具や食器が並んでいます。お店の奥や二階には工房があり、流木やビーチグラスを使った手作り
家具やアクセサリーの体験教室も開催されます。

空間舎道順①250 空間舎道順②250
お店はちょっと分かりにくところにあります。レンタカーで行く場合はまず、南原千畳敷海岸にある
ピンク色の建物を目指してください。八重根港や空港方面から向うと、左の画像奥に写っている「塾」と
壁にかいてあるピンクの建物の手前に、お店の小さな看板があります。そこを右手に入り砂利道進み、
途中右の画像にあるような木々に囲まれたような道を通っていくと2分程で空間舎に到着します。

空間舎外観250 空間舎内観④250
空間舎は当ホテルから車で15分位、タクシーですと片道2,800円位です。バス停は近くにございません。
お天気が良ければホテルからレンタサイクルで遊びにいくのもお勧めです。35分位でしょうか。

【店舗情報】
〒100-1401
東京都八丈島八丈町大賀郷 8144-1
TEL・FAX:04996-2-4154
営業時間:13:00~18:00 
★空間舎HPはこちらこらどうぞ
定休日:金曜日 
営業日・営業時間は予告なく変更になることもごいますので、ご来店前にお電話で確認して下さい。

支配人 歌川真哉

八丈島の人気№1郷土料理☆島寿司を食べてきました!~あそこ寿司~

2011年12月07日(水)
いつも八丈島ホテルリード・アズーロをご利用頂きましてありがとうございます。

八丈島には美味しい郷土料理が沢山ありますが、その中で一つだけお勧めを選べと言われれば、
私は間違いなくこの島寿司を選びます。八丈島のA級グルメB級グルメとして、もっともっと大勢の方に
食べて欲しいと思います。

本日は三根の護神地区にある地魚を使った島寿司がおいしい「あそこ寿司」をご紹介いたします。
あそこ寿司は創業昭和31年と営業中の店舗としては島内で最も老舗の寿司店となります。

あそこ寿司漬け島寿司②500
こちらが醤油漬け島寿司(2,100円※要予約)。この日の寿司ネタはシマアジ、メダイ、岩のりでした。

島寿司とは握り寿司一種で、八丈島と八丈島からの移住者が多い地域で食べられています。特徴は
醤油主体のたれに漬けた寿司ネタ、砂糖を大目に入れた甘めの酢飯、ワサビの代わりの洋カラシを
使うことにあります。八丈島ではスーパーのお惣菜コーナーにも並んでいる程ポピュラーな料理です。

あそこ寿司マスタード補正250 あそこ寿司つみれ汁②250
寿司ネタをめくると黄色い洋カラシ、シャリは甘めの味付けになっています。飛魚のツミレと岩のりの
入ったお吸い物も絶品です。

あそこ寿司お品書き250 あそこ寿司島寿司250
あそこ寿司で注意しなくてはいけないのは、このお店(だけですが・・・)では島寿司が2種類あることです。
普通の島寿司を食べたいのならば「醤油漬け」を注文してください。あそこ寿司では「島寿司」は島の魚を
使った寿司ネタがヅケになっていない握り寿司を意味します。

ただこの「島寿司」(2,100円)も美味しいので、是非ご賞味ください。この日の寿司ネタはシマアジ、メダイ、
バショウイカ、チカメキントキ、キハダマグロ、カンパチ、キツネでした。全て八丈島近海で獲れた魚です。
この島寿司を注文するとご主人の味のある口上を聞くことができます。

あそこ寿司外観250 あそこ寿司内観250
店内にはテレビの取材等で訪れた芸能人の沢山の色紙と釣名人のご主人の魚拓が飾られています。
あそこ寿司は当ホテルからは車で5分位、タクシーで片道約1,000円、護神交差点から徒歩15秒です。

あそこ寿司をご予約の際には島寿司は2種類ありますのでお気を付けください。
●醤油漬け・・・・八丈島郷土料理としての島寿司のこと。1時間前までの予約が必要です。
●島寿司 ・・・・島の魚を使った一般的な握りずし。予約なくても注文できます。

【店舗情報】
〒100-1511東京都八丈島八丈町三根361
TEL:04996-2-0172 FAX:04996-2-4484
営業時間:11:00~14:00 17:00~21:00(ラストオーダー20:00)

定休日:不定休 
営業日・営業時間は予告なく変更になることもごいますので、ご来店前にお電話で確認して下さい。

当ホテルのご夕食は洋食コース料理ですので、ランチには八丈島の郷土料理、特に島寿司をお勧め
しております。ご来島の際はぜひ一度は島の飲食店で島寿司をお試しください。

支配人 歌川真哉

手打ちの明日葉うどんを食べてきました!お勧め飲食店~一休庵(あん)~

2011年11月24日(木)
いつも八丈島ホテルリード・アズーロをご利用いただきましてありがとうございます。

本日は明日葉うどん・そば・各種丼物が美味しい名代一休庵(いっきゅうあん)をご紹介します。私も
よく食べに行くのですが、このお店の特徴は、手打ちの明日葉うどん麺、ボリューム、カレーの味付に
あると思います。観光のお客様へお勧めするならば明日葉天ざるうどんが良いでしょうか。

一休庵明日葉天ぷらざるうどん500
明日葉天ざるうどんは(1,200円)は大きなエビの天ぷらと明日葉の天ぷらがついています。明日葉の
粉末が練り込んである自家製手打ち麺は食べごたえがあります。

一休庵天ぷら明日葉うどん250 一休庵カツカレー250
明日葉天ぷらうどん(1,000円)や明日葉そばもあります。よくそば屋のカレーは美味しいと言いますが、
ここのカレーライスはクセになる味で、島民に人気があります。カツカレー(1,100円)は写真では分かり
にくいのですが、こちらもボリューム満点です。その他に、カレーうどん、カツカレーうどんなども人気
メニューですのでぜひお試しください。

一休庵外観250 一休庵内観250
平成23年4月に移転オープンした店舗にはイス・テーブル席、こあがり席のほか個室もございます。
当ホテルからは車で12分位、タクシーで片道1,800円前後、信号「役場裏」から徒歩1分です。

【店舗情報】
〒100-1401東京都八丈島八丈町大賀郷2473
TEL:04996-2-3369 FAX:04996-2-1918
営業時間:11:30~14:30 17:30~19:30(ラストオーダー) 
定休日:木曜日 
営業日・営業時間は予告なく変更になることもごいますので、ご来店前にお電話で確認して下さい。

支配人 歌川真哉

島魚のお刺身定食を食べてきました!お勧め飲食店~宝亭(たからてい)~

2011年11月15日(火)
いつも八丈島ホテルリード・アズーロをご利用頂きましてありがとうございます。

本日は八丈島近海で採れる新鮮な魚介類と自家製トコロテンが美味しい八丈島活魚料理「宝亭」を
ご紹介します。一番のお勧めはお刺身定食(1,575円)で昼でも夜でも注文できます。

宝亭刺盛500
この日のお刺身はクロムツ、メダイ、シマアジ、アカサバ、ムロアジ、ムロアジのナメロウで、豪華に
シマアジの尾頭付きでした。ここ最近堤防釣りでシマアジが釣れに釣れていて、八重根港は早朝から
釣り人で賑わっているそうです。その中でご主人の久保田さんがあげた1本です。

宝亭刺身定食250 宝亭島とう醤油250
持ち込んだ魚の調理もしてくれますので、自分で釣った魚でのお刺身定食を食べることもできます。
ただし、繁忙日はお断りする場合もあるそうなので事前に確認して下さい。右側の写真はご主人の
息子さんが経営している八丈島唐辛子本舗の島とうがらし醤油です。八丈島ではワサビの代わりに
島とうがらしを使います。テーブルには普通の醤油の他にこの島とう醤油も置いてあるので、ぜひ
お試しください。

宝亭ところてん250 宝亭天ぷら定食250
定食には自家製心太(トコロテン)がついています。八丈島では一昔前はトコロテンの材料である天草
(海藻の一種)が沢山とれました。近年では収穫量も激減したために、このお店では八丈産と他の伊豆
諸島産の天草をミックスして材料にしています。コシのある食感とバランスのとれた酢醤油が絶品です。

天ぷら定食(1,575円)は島魚の天ぷらほか、明日葉、島オクラ、サツマイモ、カボチャ、ナス、玉ネギと
いった季節の島野菜が味わえます。

宝亭外観250 宝亭内観250
町から離れた場所にある当ホテルから一番近い飲食店です。距離2.2㎞位、タクシー970円前後です。

【店舗情報】
〒100-1511東京都八丈島八丈町三根765
TEL:04996-2-0650 FAX:04996-2-4691
営業時間:11:30~14:00 18:00~21:00 
定休日:不定休 
営業日・営業時間は予告なく変更になることもごいますので、ご来店前にお電話で確認して下さい。
宝亭のHPはこちらから。宴会料理、コース料理、舟盛りもございます。

支配人 歌川真哉