八丈八景を巡る旅。

2017年09月24日(日)
夏を過ぎこれから秋に向かって
過ごしやすい季節になってきますね。

そんな季節にぴったりなのが名所巡り。
八丈島に「八丈八景」という名所があるのをご存知でしょうか。
慶応2年(1866年)に選定された絶景の名所です。

いまでは八景の内、当時の面影を残す場所は
数ヶ所になってしまいました。

しかしながら、今でも絶景の名所として
多くの方が訪れる場所でもあります。

「大阪夕照」
大阪トンネル

こちらは一番有名な絶景スポット。
八丈島を代表する景色と言っても過言ではありません。
夕日や夜景を見る事もできる場所です。


「神湊帰帆」
kaminato.jpg

昔は八丈島の玄関口として多くの船が就航した港です。
この写真は「火立て場」という場所からの写真で、
当時はここで煙を上げ入船に合図を送っていたそうです。

kaminato1.jpg

火立て場の後ろを振り向くと、何とも歴史を感じる地層が見える丘もあります。



「藍ヶ江落雁」
藍ヶ江

ここは中之郷地域にある港。
大自然のダイナミックな景色が楽しめます。

足湯から

無料で入れる足湯もあり、ここからの景色も綺麗ですね。


「名古秋月」
名古の展望入り口

名古の展望からは海が一望でき、夜になると星空も綺麗に見れたり
初日の出をここから見る方も多いそうです。

nago1.jpg

現在は島内唯一、サーフィンができる洞輪沢一帯の海が一望できます。

名古の展望台

展望台へ続く道もいい雰囲気です。


八丈八景はゆっくりと見たい景色ばかりですね。
この島には、まだまだ沢山の絶景がありますので、
みなさんもぜひ探してみてください☆

コメントの投稿

非公開コメント