たこうなじゃがいもまつり

2017年06月28日(水)
IMG_0022.jpg

6月18日(日曜日)
たこうなじゃがいもまつりが、中之郷地区にある「えこあぐりまーと」で開催されました。

さて、「たおうな」ですが、
これは八丈島で採れる、小さな“たけのこ”のことです。
じゃがいもも、今の時期にちょうど収穫できる旬の食材になります。


島はあいにくの大雨だったのですが、地元の方や観光客で賑わっていましたよ。

入り口で、たけのこ無料券が配られており、奥に進むと外でちょうど焼いているところでした。

DSC_2929.jpg

地元の方に無料券と引き換えに、たこうなを受け取り
「マヨネーズと醤油があるから、中に入って食べってってー」と渡されます。


たこうな。さて、どうやって食べるかというと・・・
今回は皮付きのまま炭火で焼いていますが、煮物にしても美味しいです。

DSC_2914.jpg

まずはまわりの皮を剥いていきます。

DSC_2926.jpg

すると、きれいなツルツルしたたこうなになります。

DSC_2927.jpg

そして、下の根に近い箇所を折ります。

DSC_2928.jpg

最後に、お醤油とマヨネーズをつけて食べます。
炭で焼いているので、中はホクホクとしていて、通常のたけのこよりは柔らかい触感です。

DSC_2920.jpg

また、手作りの「宇喜多秀家雑炊」も有料で用意されていました。

麦雑炊とは昔から八丈島で食べられている
麦やしただみ、里芋など島の野菜が入ったお味噌の味付けで、島ではお馴染みの郷土料理なんです。

食べるお家や飲食店、作る人の好みによっても味が違うので違いを楽しむのもいいですね。


DSC_2917.jpg

採れたてのじゃがいももサービスでどうぞ。


たこうな と じゃがいも 両方を楽しめましたね。
島の〝美味しい〟は他にもたくさんあるんですよ。

今日の旅の一番の“お気に入りグルメ”を見つけるのも、観光の楽しみのひとつですね。

コメントの投稿

非公開コメント