カブツサワーのご案内~八丈島の冬の果物を使った人気メニュー~

2013年01月18日(金)
カブツサワー②500

八丈島には「カブツ」と呼ばれる果物があります。

緑色や橙色の柑橘系の果物で、ほかの地方では「ダイダイ」と呼ばれることが多いようです。八丈では
このカブツを庭先に植えて、それを採って使うという家庭も少なくないようです。 カブツは同じ柑橘類の
レモンやライムと比べると、皮が厚めで手触りが固いのですが、包丁を入れるとサクッと切れます。酸味が
強く少し苦みがあり、果汁がたっぷりで、レモンと比べるとさわやかさには負けますが、味わい深さには
勝っていると思います。

この時期(12月~2月位)ホテル リード・アズーロでは、八丈産のカブツを味わっていただける、ドリンクを
提供させていただいております。 八丈島といえばやはり焼酎です。そこで果汁を焼酎に混ぜて飲むのが
島流です。カブツの酸味とほのかな苦みが焼酎のアクセントになって、いっそう焼酎が飲みやすくなります。
また、カブツは香りがよいので、生搾りサワーで飲むのもよいと思います。レモンよりも味わいが深いので、
サワーが非常においしく感じられます。

生搾りレモンサワーや生搾りグレープフルーツサワーが好きな方、ぜひ生搾りカブツサワーもお試しくだ
さい。

★ホテルリード・アズーロのご宿泊予約はこちらからどうぞ!

レストラン担当 渡部

コメントの投稿

非公開コメント