FC2ブログ

八丈島 飛行機撮影スポットご紹介

2018年10月18日(木)
いつもホテルリード・アズーロ、姉妹館リードパークリゾート八丈島を
ご利用いただきありがとうございます。

八丈島へのアクセスは、
飛行機ですと、東京・羽田空港より約50分。
(ANAのジェット機が羽田空港と八丈空港を毎日3往復)
船ですと、東京・竹芝桟橋より約10時間半
(東海汽船の大型客船で、東京港区の竹芝桟橋より夜出港)

近年デジタルカメラブームで写真愛好家の方が増え
風景、星、野鳥など、いろいろなジャンルの被写体を求め
八丈島にもご来島いただいております。

その中のひとつ「飛行機撮影」。
そこで八丈島の飛行機撮影スポットをいくつかご紹介いたします。

八丈島はひょうたんに似た形で中央のくびれた部分に東西の滑走路があります。
そのため風向きによって飛行機の離着陸は方向が変わります。
着陸の場合は向かい風の方向に飛行機は島に向かってきますので
空港の吹き流しで風向きを確認され撮影に行かれるのがオススメです。

風が東よりの場合は、八丈小島の方面から滑走路へ向かいます。
風が西よりの場合は、底土方面から滑走路へ向かってきます。

※北風や南風の場合は飛行機の離着陸に影響がある場合があるため欠航することもございます。



まずは八丈島の空の玄関口である「八丈島空港」



八丈島空港ビルの3階には、滑走路を見ることのできる
「展望デッキ」がございます。

3C3A1599.jpg

展望デッキからは、滑走路の後ろに三原山があり
離着陸する飛行機を間近でご覧いただけます。

3C3A1817_20181019151830fc3.jpg

望遠レンズを使っていただきますと、海を背景に飛行機も撮影することが可能です。



お次は、八丈富士にあるふれあい牧場の展望台



八丈島空港は、八丈富士と三原山の間にあるので山の上からも空港を見下ろすことができます。

3C3A3346_20181019152436f32.jpg

空港までの距離があるため、望遠レンズで撮影いただくと良いかと思います。



大坂トンネル展望台からも離着陸する飛行機を八丈富士や八丈小島と見ることができます。



大坂トンネルからは滑走路の左側しか見ることができないため
着陸する飛行機を狙うときは、東よりの風の時のみとなります。

3C3A1024.jpg

八丈小島と飛行機。
3C3A1041.jpg

八丈富士と飛行機と滑走路。
滑走路までの距離がかなりあるため望遠レンズがオススメです。



八丈島空港の横にある大賀郷園地



こちらも滑走路に向かって左側に位置するため、東よりの風の場合は離陸。
西よりの風の場合は着陸を見ることが可能です。

3C3A8104.jpg

八丈富士をバックにテイクオフ

3C3A8764.jpg

こちらは東に向けて離陸準備中の飛行機と小さな虹があるのわかりますか?



島の西側に位置する南原千畳敷



夕日スポットとしても大人気の南原千畳敷。
西側から飛行機が入ってくる時や西の空に向けて離陸する姿を見ることができます。

3C3A8433.jpg

西日を浴びながら虹の上を飛んでいく飛行機

3C3A4376.jpg

滑走路へ向けて着陸態勢。



他にも島の東側の底土海水浴場

3C3A7975.jpg

登龍峠展望台

3C3A7463.jpg

島のいろいろな場所から飛行機を撮影することが可能ですので
ぜひ八丈島へお越しの際は自分のお気に入りスポットを見つけてみてくださいね。

3C3A6177.jpg




◆ホテルリード・アズーロの宿泊予約はこちらからどうぞ。
◆リードパークリゾート八丈島の宿泊予約はこちらからどうぞ。

皆様のご来島をこころよりお待ちしております!
ご不明点やご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。

ホテルリード・アズーロ(TEL:04996-2-3121) 
リードパークリゾート八丈島(TEL:04996-2-7701)

八丈富士 ビューポイント

2018年10月15日(月)
いつもホテルリード・アズーロ、姉妹館リードパークリゾート八丈島を
ご利用いただきありがとうございます。

八丈富士を綺麗に見る隠れスポット「八丈富士ビューポイント」をご存知ですか。

3C3A7024.jpg

こちらの展望台の上から見る八丈富士がオススメなのですが、
交差点にポツンとあり、看板もないためあまり知られていないようです。



場所は八丈空港道路から「大潟浦園地」「南原千畳敷」へと向かう交差点にあります。
展望台の横には車を止める空き地もあるので、ドライブついでにぜひ行ってみてください。

3C3A7021.jpg

展望台の下はベンチがあり屋根もあるのでちょっとした休憩もできます。

そしてここから見える八丈富士は...

3C3A7028.jpg

八丈富士と大空を見渡すことのできるパノラマビュー。
電線や人工物も少なくこの展望台からでしたら、八丈富士をバックに
記念撮影もしていただけます。
反対側には太平洋の海をみることもできます。

ぜひドライブの際、展望台にも登ってみてくださいね。



◆ホテルリード・アズーロの宿泊予約はこちらからどうぞ。
◆リードパークリゾート八丈島の宿泊予約はこちらからどうぞ。

皆様のご来島をこころよりお待ちしております!
ご不明点やご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。

ホテルリード・アズーロ(TEL:04996-2-3121) 
リードパークリゾート八丈島(TEL:04996-2-7701)

浅間神社(八丈富士)で願い事成就

2018年10月10日(水)
いつもホテルリード・アズーロ、姉妹館リードパークリゾート八丈島を
ご利用いただきありがとうございます。

ふたつの火山が合体してできた島、八丈島。
西にはきれいな山の形をした八丈富士。 東には渓谷に囲まれた三原山があります。

空港もしくは船で到着すると一番に目にする山、
円錐形の複式火山で、伊豆諸島最高峰の八丈富士(西山・標高854.3m)。

七合目までは車でも行ける整備されたアスファルトの道があるアクセスの良さと、
火口の縁を一周する、「お鉢めぐり」は見渡す限りの絶景が楽しめます。

山頂付近の「浅間神社」では参拝ができるとあって、
家族連れや登山ファンがたくさん訪れるパワースポットの一つです。

IMG_0112.jpg

実はこの「浅間神社」にお参りされる際に、横間海岸で石で拾い、
石に願い事を書き浅間神社に奉納すると、願い事が成就するといわれています!

3C3A8749.jpg

横間海岸から八丈富士

3C3A1034.jpg

横間海岸には玉石が転がっています。

3C3A3413.jpg

ホテルから横間海岸までは車で20分ほどです。
横間海岸から八丈富士登山道入り口まで車で20分。
登山道入り口から1240段の階段を登り、
頂上手前火口口までは徒歩45〜80分(個人差があります)
火口口から浅間神社まで20分ほどになります。

<< 注 意 >>
※風の強いときや視界の悪いとき(白い雲がかかって山が見えない)には絶対に避けてください。
※お鉢巡りや頂上まで行かれる場合は登山用のシューズをお勧めします。
※火口に降りる際は、要ガイドです。ガイドの紹介はホテルエントランスのご案内まで。
※レンタルサイクルで時々入り口まで行かれるお客様がいらっしゃいます。
 その場合はフロントスタッフに行き場を伝え必ず替えのバッテリーを受け取ってください。



IMG_7529.jpg

浅間神社に奉納された願い事が書かれた石たち

IMG_0117.jpg

IMG_0113.jpg

ぜひ八丈島へお越しの際は願い事をされてはいかがでしょうか。



◆ホテルリード・アズーロの宿泊予約はこちらからどうぞ。
◆リードパークリゾート八丈島の宿泊予約はこちらからどうぞ。

皆様のご来島をこころよりお待ちしております!
ご不明点やご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。

ホテルリード・アズーロ(TEL:04996-2-3121) 
リードパークリゾート八丈島(TEL:04996-2-7701)

10月の土日祝日は観光路線バス試験運行します!

2018年10月02日(火)
いつもホテルリード・アズーロ、姉妹館リードパークリゾート八丈島を
ご利用いただきありがとうございます。

10 月の土日祝日の計9 日間、観光乗合バスの試験運行として、
ジャンボタクシー( 9 人乗り) を「リードホテル前」から「末吉温泉前」間で1 日26 便運行します。

 所要時間は全区間で約50 分。午前7 時から午後7 時までの間、毎時00 分に始発と終点からそれぞれ出発。
常時2 台のバスが上りと下りで1 台ずつ走行します。

 停留所には現行の町営バスの停留所を使用する他、「リードホテル前」と「民芸あき」を増設。
もちろん観光のお客様だけでなく、島民の方もぜひご利用ください。

※ 乗降は各停留所で行います。
※ 定員9 人を超えてのご乗車はお断りすることをご了承ください。

バスチラシ_表面

運賃は乗車距離で計算され、

10km までが200 円、
20km までが400 円、
20km 以上が500 円となっています
(3 歳児未満は無料)

降車の際に現金にてお支払いをお願いします。

※ シルバーパスはご利用いただけませんので、ご了承ください。

バスチラシ_裏面

停留所は下記となります。

① リードホテル前
② 神湊
③ 底土(東海汽船底土港)
④ 民芸あき
⑤ 三根出張所
⑥ 八丈ストア
⑦ 富士登山道入口
⑧ 八丈島空港
⑨ 老人ホーム(八丈ビューホテル最寄り)
⑩ 八高(東京都植物公園近く)
⑪ スーパーあさぬま(歴史民俗資料館展示ホール前)
⑫ 旧町役場(観光協会)
⑬ 大脇前(宇喜多秀家墓所)
⑭ 馬路
⑮ 大里(玉石垣・優婆夷宝明神社)
⑯ 伊郷名
⑰ 樫立温泉入口(ふれあいの湯入口)
⑱ 樫立出張所(服部屋敷)
⑲ 富次朗商店(三原山唐滝・硫黄沼入口)
⑳ 自由ヶ丘(黄八丈めゆ工房)
㉑ 中田商店前(裏見ケ滝温泉・足湯入口)
㉒ 土次第(エコアグリマート・地熱発電所下)
㉓ 名古の展望
㉔ 末吉温泉前(みはらしの湯前)

空港や観光スポットへのアクセスがもっと便利になります。
観光の方や島民の方もぜひご利用ください。



◆ホテルリード・アズーロの宿泊予約はこちらからどうぞ。
◆リードパークリゾート八丈島の宿泊予約はこちらからどうぞ。

皆様のご来島をこころよりお待ちしております!
ご不明点やご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。

ホテルリード・アズーロ(TEL:04996-2-3121) 
リードパークリゾート八丈島(TEL:04996-2-7701)

おすすめドライブコース

2018年09月10日(月)
いつもホテルリード・アズーロ、姉妹館リードパークリゾート八丈島を
ご利用いただきありがとうございます。

今日はおすすめのドライブコースをご案内させていただきます。

3C3A2031.jpg

その素敵なドライブができる場所へは、八丈町役場の横の道を上がってもらうと
左側に八丈植物公園の東エントランスが見えてきます。

3C3A2029.jpg

こちらの案内の少し手前に左に曲がることのできる道路があります。

3C3A2030.jpg

入り口はこちらから。「一方通行」となります。

3C3A2038.jpg

鬱蒼とした森のトンネルをぐんぐん走っていきます。

3C3A2044.jpg

3C3A2066_20180920114536ac9.jpg

3C3A2071.jpg

3C3A2075.jpg

案内の看板が見えてきました。
この看板の少し先には車を止めるスペースがあります。
ここからが一番「キョン」の檻の近くの駐車場となります。

キョン⑤500
八丈島のきょん。はこんな感じの愛くるしい姿をしています。

3C3A2094.jpg

キョンの檻の近くには遊具やトイレも完備されています。

3C3A2105.jpg

小さなお子さんも遊ばれていますので、公園内道路を走る際はくれぐれも安全に気をつけながら走行してください。

3C3A2138.jpg

キョンと遊具などを後にしてそのまま進んでいくと「バードサンクチュリア」の看板発見
この看板と遊具などの間にも車を止めるスペースがあります。
そちらに車を止めて公園内を散歩するのもおすすめです。

3C3A2145.jpg

そして公園内道路の出口はこんな感じになっています。この突き当たりを左に曲がります。

3C3A2147.jpg

3C3A2149.jpg

進むと遊具広場の横へ出てきます。

3C3A2154.jpg

こちらにもトイレがございます。

3C3A2156.jpg

遊具広場がありご家族づれに大人気です。

公園内道路は森のトンネルや見所いっぱいのドライブコースです。
ぜひ一度ゆっくりドライブしてみてくださいね。




◆ホテルリード・アズーロの宿泊予約はこちらからどうぞ。
◆リードパークリゾート八丈島の宿泊予約はこちらからどうぞ。

皆様のご来島をこころよりお待ちしております!
ご不明点やご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。

ホテルリード・アズーロ(TEL:04996-2-3121) 
リードパークリゾート八丈島(TEL:04996-2-7701)

三原山(小池)

2018年08月28日(火)
いつもホテルリード・アズーロ、姉妹館リードパークリゾート八丈島を
ご利用いただきありがとうございます。

三原山の中にある「大池・小池」ですが、小池は通常は水がなく草原になっています。
ただ大雨が降った後などに行ってみると、小池の名前の通り小さな池になります。

3C3A6605.jpg

湿度が高い日は、八丈富士や三原山は雲にすっぽりと覆われてしまいます。
その中の森では霧が出ていてとても幻想的な雰囲気になっていました。

3C3A6705.jpg

幻想的な森を進んでいくと小池があります。
なかなか水を湛えた姿を見せてくれない小池ですが、水があるとより一層幻想的です。

3C3A6860.jpg

こちらは「大池」
こちらも通常より水が多く散策路からすぐのところまで水が来ていました。

3C3A6902.jpg

三原山の森の中を歩いていくと、大きなスダジイがあったり、苔むす森があったりと見飽きることがありません。

3C3A6953.jpg

ぜひ八丈島にお越しの際は三原山にも行ってみてくださいね。

(model: megumi sasamori)



◆ホテルリード・アズーロの宿泊予約はこちらからどうぞ。
◆リードパークリゾート八丈島の宿泊予約はこちらからどうぞ。

皆様のご来島をこころよりお待ちしております!
ご不明点やご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。

ホテルリード・アズーロ(TEL:04996-2-3121) 
リードパークリゾート八丈島(TEL:04996-2-7701)

ウミガメにあえる海

2018年08月15日(水)
いつもホテルリード・アズーロ、姉妹館リードパークリゾート八丈島を
ご利用いただきありがとうございます。

当ホテルのシンボルにもなっている「ウミガメ」
リードパークリゾートのレストラン「タルタルーガ. tartaruga」もイタリア語で海亀を意味します。

八丈島の周りの海域には海亀が多数住み着いています。
主に「アオウミガメ」と「アカウミガメ」で、島の数少ない砂浜で産卵することもあります。

八丈島の人気海水浴場である「底土海水浴場」でもウミガメに遭遇することがよくあるようです。

IMG_0033.jpg

八丈富士を後ろにしたロケーションも素敵な海水浴場。
シュノーケリングで海の中を覗いてみると....

IMG_0057.jpg

海底には多数のサンゴ礁が広がっており、そこに優雅に泳ぐウミガメに出会えました。

IMG_0039.jpg

海の中を飛ぶように泳ぐウミガメはとても神秘的です。

IMG_0053.jpg

このまま竜宮城に連れて行ってくれそうです。

IMG_0019.jpg

今年は台風が多くなかなか海に入ることができませんが、まだしばらくお楽しみいただけます。
ぜひ八丈島へのお越しをお待ちしております。

(Photography by Megumi Sasamori)




◆ホテルリード・アズーロの宿泊予約はこちらからどうぞ。
◆リードパークリゾート八丈島の宿泊予約はこちらからどうぞ。

皆様のご来島をこころよりお待ちしております!
ご不明点やご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。

ホテルリード・アズーロ(TEL:04996-2-3121) 
リードパークリゾート八丈島(TEL:04996-2-7701)