雨の日にぴったりの手作り体験

2017年09月17日(日)
同じ東京都なのに、年間降水量が東京内地の2倍近くもある、八丈島。

rami15.jpg

雨の多い島では、せっかく旅行に来たのに雨が降ってきた。。
ここに行こう。と決めていたのに行けない、どうしよう。

なんて事も少なくありません。

そんな時におすすめなのが、雑貨の手作り体験もできる
「雑貨屋ラミ」さん。

rami14.jpg


住宅街を入って、ブルーの扉が目印。
入り口から可愛い雰囲気が漂っていますね。

rami3.jpg

とってもお洒落な店内はどこか落ち着きます。

話題のギョサンや、アクセサリー、小物雑貨がたくさんあり
お土産にも人気で、一部はホテルのお土産コーナーにもご用意がございます。


rami6.jpg

雑貨屋さんの奥のお部屋に進むと・・・


rami8.jpg

雑貨などの手作り体験ができる工房があり、
アクセサリー類を中心にいろんな手作り体験ができます。


じっくりトンボ玉コースは、簡単な玉から泡入りや、お魚などのパーツ入りなど
中級編まで作れ、最後はアクセサリーに加工する料金も入っているので安心です。


お子様には、貝殻と海の仲間で作る「ジェルキャンドル」が人気。
ガラスの器に、カラーサンド、貝殻、サンゴなどをイメージにあわせて
ジェル状のキャンドルがつくれます。

他にも、好きなギョサンを選んでのデコレーションをして
世界にひとつだけのオリジナルギョサンデコも出来ます!



本当に迷っちゃうくらい、たくさんのメニューがあるのも人気のひとつ。



rami10.jpg

雨の日ならではの八丈島の楽しみ方。
良い思い出にもなりますね☆

rami1.jpg

当ホテルにもお土産品として販売しておりますが、
自分の好きなものを作りたい、体験したいという方は
「雑貨屋ラミ」さんまで足をお運びください。


facebook:https://www.facebook.com/rami8jo/
twitter:https://twitter.com/rami8jo
instagram:https://www.instagram.com/explore/locations/1033772955/


------------------------------------------
雑貨屋ラミ

東京都八丈島八丈町三根4594-1
TEL:090-5438-1187
交 通:空港から車で5分/底土港から車で7分
駐車場:あり
時 間:10:00〜18:00
定休日:不定休
------------------------------------------

八丈島でトレッキングを楽しみませんか?

2017年09月14日(木)
「八丈島」と聞くと
「夏」 や 「海」のイメージが強いのですが
密かに人気なのがトレッキングです。

八丈島には八丈富士(西山)と三原山(東山)という
二つの山があります。

IMG_0125.jpg
以前、ブログでもご紹介させて頂きましたが、
八丈富士は比較的登りやすい山で、
体力に自信のある方ならどなたでも登れる山です。

P7200233.jpg
一方、三原山は八丈富士よりも古い山で
深い森に覆われており、沢や滝などが多数存在し
神秘的な絶景が楽しめます。

ただし、道がわかりにくい場所や
足場が危険なところもある為、三原山のトレッキングには
ガイドを付けて頂くことをお勧め致します。

そこで今回は三原山ガイドのプロ
登山ガイド 「山小屋」さんを少しご紹介致します。
無題
「三原山は何回登っても面白い」
と話すガイドの島田さん。

DSCF6180.jpg
映画に出てきそうな森を進んでいくと
行った人しか見れない絶景が待ち受けています。

unnamed (3)
「神の三段の滝」と呼ばれる
秘密のパワースポット。

三原山にはまだまだ知られざる秘境が
あるそうです。

トレッキングには良い気候になってきましたので
絶景が見たい!という方はぜひトレッキングに
行ってみてはいかがでしょうか。

ご来島お待ちしています。


◆登山ガイド 「山小屋」
https://www.facebook.com/hachijo.cafe.hanahana/

よくあるご質問にお答えいたします。

2017年09月08日(金)
size600-IMG_2864.jpg

いつもホテルリード・アズーロ、姉妹館リードパークリゾート八丈島を
ご利用いただきありがとうございます。

ホテルと言っても・・場所はどのあたり?どんなところで寝れるのか。
お食事はどんな感じ??・・と、わからないことばかりかと思われます。

少しでもご来島される際、ご安心いただけるよう
「よくあるご質問」をまとめさせていただきました。


まずは、ホテルですが・・・


map.jpg

リードアズーロ、リードパークリゾート八丈島ともに
「三根(みつね)」と呼ばれる地区にあり、空港・港から車で8分ほどのところにございます。



20131127084048f40_20160910181545f64_2017090516291606b.jpg

------------------------------------------------
1.部屋から海は見えますか?
------------------------------------------------
当ホテルには本館に20室、別館(アネックス館)に9室のお部屋がございます(全室禁煙ルーム)。
そのうち本館は18室が海側、別館は3室が海側となっております。

海側のお部屋をご希望のお客様は本館コンパクトツイン、
本館スタンダードツイン、本館海側和室、DX和洋室のいずれかをご予約ください。
※別館のご予約での海側のご指定はお受けしておりません。



_DSC0090_20170905162725fcb.jpg

------------------------------------------------
2.客室のアメニティ・備品は何がありますか?
------------------------------------------------
基本的なものは取り揃えております。
詳細はこちらからご確認くださいませ。

ホテルのアメニティ紹介ページ




夕食イメージ(アズーロイ) 夕食イメージB(パーク)

▲お夕食イメージ
------------------------------------------------
3.食事はどのようなものですか?
 連泊するのですがメニューは変わりますか?
------------------------------------------------
八丈島産の素材を使ったお料理や、八丈島ジャージー牛乳を使ったオリジナルデザートが人気!

ホテルリードアズーロは、洋食のコース料理。
リードパークリゾートは、和食会席料理。となります。

3泊以上の連泊でご利用される客様が多いので、
ご夕食のコース料理は毎日メニュー内容を変えてご提供しております。

また、アレルギーをお持ちのお客様用のお食事の用意も可能です。
チェックイン時にも再度確認いたしますが、
当日ですと対応できない場合もございますので、事前のご連絡をお願いいたします。




IMG_0795_20170908202440fae.jpg

------------------------------------------------
4.お風呂は温泉ですか?
------------------------------------------------
残念ながら当ホテルの浴場は温泉ではなく沸かし湯です。
八丈島は温泉に恵まれた火山の島ですが、現在島内には温泉ホテル・旅館はございません。

リードアズーロ内には大浴場というほど大きくはないのですが、共有の浴場がございます。
リードパークリゾート内には、太平洋を見渡す大浴場展望露天風呂「うみかぜの湯」がございます。




DSC_2807_20170905162917c52.jpg

------------------------------------------------
5.送迎はしてもらえますか?
------------------------------------------------
はい、行っております。
送迎サービスは飛行機又は東海汽船のフェリーの発着時間に合わせて、
八丈島空港又は底土港(八重根港)とホテル間のみ行っております。
事前のご連絡をいただければスムーズにご案内できるかと思います。

到着しましたら、リードリゾートのプレートを持ったスタッフへお声がけくださいませ。




DSC_2794.jpg

------------------------------------------------
6.近くに飲食店・コンビニはありますか?
------------------------------------------------
当ホテルから歩いて行ける範囲には飲食店・商店はございません。
ですが、スタッフがおすすめのお店をまとめて、紹介しておりますのでぜひお役立てください。


【飲食店】
ホテルから一番近い宝亭(たからてい)までは距離で約2.2㎞、徒歩で30分以上程かかります。
また車で5分位、タクシーで片道1000円の距離にある護神(ごしん)地区には
郷土料理店、寿司屋、焼肉屋、ラーメン屋などがございます。

【コンビニ・商店】
八丈島にはコンビニはございません。
ホテルから車で5分位、タクシーで片道1000円の距離に、
コンビニに近い形態のお店でブーランジェリー(営業時間 7:30~24:00)と
総合スーパーで八丈ストア(営業時間 9:00~20:00)がございます。




3C3A6172.jpg

------------------------------------------------
7.星は見えますか?
------------------------------------------------
晴れているときはもちろんご覧いただけます!
周辺に何もないので、波の音を聞きながら満天の星空が楽しめます。

星を見るためだけに開発された、双眼鏡を無料で貸し出しもしております。

詳細はこちら→ そらへとつづくみち。


card.gif

------------------------------------------------
8.クレジットカードは使えますか?
------------------------------------------------
下記クレジットカードをご利用いただけます。お支払いは1回払いのみとなっております。

VISA(ビザカード)、Master card(マスターカード)、AMEX(アメリカン・エキスプレスカード)
JCB、Diners Club(ダイナース クラブ) 、UC 、DC(ディーシーカード) 、NICOS 、UFJ、
SAISON(セゾンカード)、セディナOMC、ポケットカード




canceled.jpg

------------------------------------------------
9.キャンセル料はいつからかかりますか?
飛行機や船が欠航した場合はキャンセル料はかかりますか?
------------------------------------------------
キャンセル料は、ご予約の人数によって対象期間が異なります。

●1~14名様
 不泊・当日100% 前日50% 2日前30% 3日前30%
●15名~30名様まで
 不泊・当日100% 前日50% 2日前30% 3日前30% 5日前30%
●15名以上
 不泊・当日100% 前日50% 2日前30% 3日前30% 5日前30%  7日前20% 14日前10%



ANA便(羽田⇔八丈島間)と東海汽船フェリー(竹芝⇔八丈島)が欠航した場合は
キャンセル料はかかりません。

ただし欠航になった時点でホテルまでご連絡をお願いいたします。
また旅行会社経由のご予約に関しては、当ホテルと旅行会社の両方にご連絡をお願いいたします。

ホテルリード・アズーロ(代表:04996-2-3121)




大自然に囲まれた温泉の島で、普段の疲れを癒しながら
ゆっくりと島時間を過ごしてみませんか。

贅沢な時間を是非、リードホテルでお過ごしください。


◆ホテルリード・アズーロの宿泊予約はこちらからどうぞ。
◆リードパークリゾート八丈島の宿泊予約はこちらからどうぞ。



皆様のご来島をこころよりお待ちしております!
ご不明点やご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。

ホテルリード・アズーロ(TEL:04996-2-3121) 
リードパークリゾート八丈島(TEL:04996-2-7701)
ご挨拶・ご案内  |  テーマ : 国内旅行 | ジャンル : 旅行  | コメント(0)  | トラックバック(0)

八丈島歴史民俗資料館

2017年08月31日(木)
DSC_2855.jpg

八丈島の大賀郷地区に、雨が降っても行ける観光スポットとして
「八丈島歴史民俗資料館」があります。


もともとは、東京都八丈支庁庁舎だった建物を資料館として使い、
現在は国の登録有形文化財に指定されています。

館内には、島内各地域の民家に散在していた歴史民俗資料が収集され
町民はもとより八丈島を訪れるたくさんの人へ後世に伝えていくため
地元の人の手によって、大切に保存しています。



DSC_2866.jpg

館内はとても広く、八丈島の自然、文化財、民俗資料、自然、流人など
全部で9つの部屋に分かれて展示されています。


DSC_2858.jpg

八丈島の自然と文化財から始まり、
島の模型もあって、各地区や島全体像がわかりやすいです。


DSC_2880.jpg

宇喜多秀家公をはじめとする、流人の歴史を紹介する部屋は2部屋あり、
とてもわかりやすく興味深いです。

DSC_2893.jpg

実際に使われてきた民具も農業、漁業、織物など、たくさん保管されています。


DSC_2903.jpg

こちらは、昔、八丈支庁だった頃。
ここから出入りしていた旧エントランスです。

この地面には、サンゴがちりばめられており、降りて近くでご覧いただくことができます。


DSC_2905.jpg


そして最後の出口には、島特有の高温多湿とネズミの害を防ぐため、
床を1メートル以上高くし、柱が床に接する部分には、ネズミ返しの板が備え付けられている
四脚倉と六脚倉 高倉(六脚倉は都指定有形文化財) の二棟を展示しています。


ご希望があれば、地元の方が一緒に説明しながらまわってくださるので
より楽しみたい方は受付時にお声がけくださいね。


DSC_2859.jpg

皆様は、どうしてこの島が「八丈島」と呼ばれるようになったのか・・・気になりませんか?
まずは島のことを知って、それから島内をぐるっと観光するのも
また違った発見や見え方があってより楽しくなりますよ。


おじゃりやれ、八丈島!!!

------------------------------------------
八丈島歴史民族資料館

東京都八丈島八丈町大賀郷1186
TEL:04996-2-3105

料 金:大人360円/子供170円/島民無料
交 通:空港から車で約8分/底土港から車で約13分
駐車場:あり
時 間:9:00〜16:30
定休日:無休
------------------------------------------

*Cafe HANA HANA(カフェハナハナ)

2017年08月29日(火)
DSC_0333.jpg

八丈島に今年の春にオープンした、
お花をモチーフとした、かわいいお店「Cafe HANA HANA」

お店は、大賀郷地区にあり、緑あふれる中にある民家をリノベーションして
地元でもお子様と一緒に気軽に入れると評判のお店です。

表にはかわいいピンクのバイクがお出迎え。


DSC_0336.jpg

扉をあけて、靴を脱いでスリッパに履き替えて奥まで進みます。

DSC_0355.jpg

ゆったりしたスペースに、陽の光がたくさん入る落ち着いた店内。
空いているお席にどうぞおかけください。


DSC_0353.jpg

2名様、4名様のテーブル席が並び・・・


DSC_0354.jpg

お子様連れのお客様に人気のローテーブル席。
この席なら小さなお子様のいるご家族でも安心してお食事ができそうですね。

DSC_0363.jpg

席に着くと、メニューをもってスタッフさんが来てくれます。
甘いものが好きだと、どれもこれも食べたくなって迷ってしまいますね。


FullSizeRender_2017082615471218e.jpg

メニューのなかで一番の人気メニューは、
島内ではなかなか食べることのできない、分厚いパンケーキ!!
お誕生日の方には、お誕生日パンケーキもできちゃいます♪


DSC_0344.jpg

8月からは、クリームたっぷりワッフルも登場!!
キャラメルバナナ、チョコレートナッツ、ベリーベリーの3種類。
プラス100円でアイスクリームのトッピングをすればより楽しめます♪


FullSizeRender_1.jpg

また、ドリンクやアルコールも豊富です。
スムージーや生クリームたっぷりのフラベリッチはクールダウンに最適。


hanahanalunch.jpg

ランチメニューは、夏にぴったりねばねば丼ぶりや、お野菜もたっぷり入ったお肉プレートが人気!
また、期間限定で八丈島の島とうがらしを使った「グリーンカレー」を以前作ったところ
スパイスがピリッと効いた本格的なカレーは好評ですぐに完売・・。

また近いうちに限定食で作るそうなので、楽しみですね!


お食事と一緒に、

DSC_0341.jpg

見た目も美味しそうなフレッシュウォーターは
すっきりした後味がお食事の味を邪魔しなくてとても飲みやすいです。


DSC_0342.jpg

お子様用の取り皿やカラフルなスプーンなどの用意があるので
お食事がより楽しくなりそうですね。


お花が大好きで、お店の名前にもなってオープンした、HANAHANA。

少しわかりづらいところにあるので、
検索しやすいように。覚えてもらえやすいように。
小さいお子様がいるご家族でもゆっくり過ごしてもらえるように。

・・・と、たくさんの想いがつまったお店。

DSC_0356.jpg

テイクアウトもあるのでどうぞお気軽に遊びにきてくださいね。


facebook:https://www.facebook.com/hachijo.cafe.hanahana/
twitter:https://twitter.com/CafeHANAHANA87
instagram:https://www.instagram.com/cafe.hanahana/


------------------------------------------
Cafe HANA HANA

東京都八丈島八丈町大賀郷7942-2
TEL:09054067451
交 通:空港から車で6分/底土港から車で13分
駐車場:あり
時 間:11:00〜21:00
定休日:不定休
------------------------------------------

CHAMPION SELECTOR spin out to 八丈島

2017年08月27日(日)
昨日には、毎年恒例の音楽イベント
「CHAMPION SELECTOR spin out to 八丈島」が
リードパークリゾート八丈島のプールサイドで開催され大変盛り上がりました!

omote.jpg


毎年行われる恒例イベントとなり、暑い夏にはぴったりの熱いライブになりました。

IMG_0187.jpg


今話題のナイトプールでの開催に、音楽もテンションも上がりますね。

IMG_0180.jpg


DJさんもどんどん盛り上げて楽しませてくれます。

IMG_0178.jpg


こんなたくさんのレコードから選ぶんですね。。
プールサイドも最高潮です。


IMG_0182.jpg

開放的な気分と音楽に酔いしれる。
八丈島で行われる音楽イベントとしては、他にはない独特なムードに包まれていました。


IMG_0184.jpg

IMG_0195.jpg



毎年夏の時期に開催されるイベントですので、来年はさらに盛り上がる事間違いなしですね。

来年の夏もキーワードは「チャンセレ」!
ぜひ皆様のご来島をお待ちしております!!!

八丈富士(はちじょうふじ)登山とお鉢めぐり

2017年08月21日(月)
IMG_0130.jpg

ふたつの火山が合体してできた島、八丈島。
西にはきれいな山の形をした八丈富士。 東には渓谷に囲まれた三原山があります。


空港もしくは船で到着すると一番に目にする山、
円錐形の複式火山で、伊豆諸島最高峰の八丈富士(西山・標高854.3m)。


七合目までは車でも行ける整備されたアスファルトの道があるアクセスの良さと、
火口の縁を一周する、「お鉢めぐり」は見渡す限りの絶景が楽しめます。

雲がかかっているときはメディアでも紹介された
「天空の道」が広がり、まるで別世界のようです。

山頂付近の「浅間神社」では参拝ができるとあって、
家族連れや登山ファンがたくさん訪れるパワースポットの一つです。


FullSizeRender.jpg
▲八丈島空港前

IMG_5535.jpg
▲底土港前


八丈島空港・船おりばで、
着いてまず目の前にお出迎えしてくれる、とても印象的な山ですね。


DSC_2576.jpg

空港・港から車で15分ほどのところに八丈富士山道入口が見えてきます。


入り口からずっと道なりに上っていきますと、二手にわかれる道に差し掛かります。

DSC_2579.jpg

左に行くと「ふれあい牧場」、右に行くと「八丈富士七合目」
ふれあい牧場には、自動販売機もありますので、水分補給・お手洗いが必要な場合はお立ち寄りください。


ここを右に曲がります。
少し道なりに進みますと、左手に緑色の柵の入り口が見えます。
(※車で進めるのはここまでとなります)

DSC_1800.jpg

IMG_005120.jpg


< 登 山 >

この緑色の柵を開けて進みます。
開けて入ったら扉は必ず閉めてください。

道は、片方に階段。もう片方にコンクリートで舗装された斜面。

IMG_0080.jpg

ずっと登っていくと中間地点が見えます。

先をもう少し進むと、第二のグリーンフェンスをくぐり抜け、石の階段を進みます。
整備はされているのですが、じゃりや小さな石があるので足元をよく確認して進みましょう。

DSC_1834.jpg

そして登って約40分ほどで頂上に向かう道に出ます。
左にいくと、富士山頂上へ。右に行くと、お鉢巡り。




< 八丈富士頂上 >

IMG_0068.jpg
さて、左から頂上に向かいます。

頂上までの道のりは、大きな石がごつごつしていたり穴があいていたり
段差で気をつけなければいけません。

DSC_1864.jpg

また穴や段差は、見える場所と木や茂みにより見えない場所にあります。
足元を確認しながら進みましょう。

DSC_1847.jpg

また、あぶないのは足元だけでなく、頂上は風がとても強いです。
ちょっと風がキツイと思ったら無理して急がず、すぐにその場にしゃがむか
進むのをやめて引き返しましょう。

IMG_5612.jpg

そして登ること15分ほどで頂上に到着します!
登った達成感と、八丈島の魅力が全貌できます。


IMG_5610.jpg

そこから広がる景色は、今までみた八丈島の景色の何倍も素敵です。
下には、ふれあい牧場がこんなに小さく見えます。

DSC_1866.jpg

火口を見下ろすとこのようなくぼんだ中に緑と大きな水たまりが見えますね。



< お鉢めぐり >

IMG_0125.jpg

火口丘を1周するのが「お鉢めぐり」。
お鉢めぐりは右から回ります。

直径400m・深さ50mに達する、日本では珍しい井戸状に陥没した火口、
海側に目を向ければ360度のパノラマを満喫できます。
八丈小島はもちろんのこと、晴れていれば遠くには御蔵島を見えることも出来ます。


IMG_0007.jpg

またここでも山の上なので風が強いです。帽子が飛ばされても追いかけないように。
足元も悪いので登山用のシューズが必須です。

01d6f1273a39a5484eee59c1e214c5ac7e128ae0d3.jpg

雲が山にかかっているときは、メディアでも紹介された「天空の道」がひろがります。




< 浅間神社 >

DSC_1885.jpg

頂上へ向かった道へ一度戻ると下に降りる石段があり、

o0800053613531518217.jpg

石段を降りると、左は火口、右には浅間神社と書いてある石の表札があります。


浅間神社は、頂上手前からとても近いです。
石の階段を下りて、砂利道と川を渡って進みます。

o0800119513531625766.jpg

ずっと進むと、鳥居がみえてくるとゴールです。
中には、小さな神社があり、まわりには玉石があったり、
どう出来たのかスケルトンの葉っぱがあったり。

浅間神社は神聖な場所なので、是非ご自身で見てみてくださいね。


< 火口丘 >

DSC_1904.jpg

火口は反対方向なので、先ほど来た道を戻って反対方向に進みますが
こちらは要ガイドとなりますので必ずガイドを付けてお楽しみください。

足元は砂利道から始まり、ぬかるみもあるので気をつけて。
そして少し歩くと、先ほど歩いた頂上への道が見えたり
身長と同じくらいの草をかき分け、ジャングルを抜けると、火口に到着です。

DSC_1908_201708111724308ee.jpg

頂上から見えていた湖だと思うとまた感動ですね。
水はとても澄みきっていますが、お魚はいませんでした。


< 下 山 >
帰路は下り坂の連続ですので、こちらも登りに見過ごした風景・植物などを
楽しみながら急がずあせらずゆっくりと降りてきてください。



<< 注 意 >>
※風の強いときや視界の悪いとき(白い雲がかかって山が見えない)には絶対に避けてください。
※お鉢巡りや頂上まで行かれる場合は登山用のシューズをお勧めします。
※火口に降りる際は、要ガイドです。ガイドの紹介はホテルエントランスのご案内まで。
※レンタルサイクルで時々入り口まで行かれるお客様がいらっしゃいます。
 その場合はフロントスタッフに行き場を伝え必ず替えのバッテリーを受け取ってください。